〒188-0011 東京都西東京市
田無町2-13-19 プリエール102
  • ろうけつ染めのペンダント
    ろうけつ染めのペンダント

    More

  • ろうけつ染めのブローチ
    ろうけつ染めのブローチ

    More

  • ただいま制作中
    ただいま制作中

    More

  • AMさんの体験受講作品
    AMさんの体験受講作品

    More

  • レザークラフト教室 日曜クラス
    レザークラフト教室 日曜クラス

    More

  • FYさんのバッグ
    FYさんのバッグ

    More

  • レザークラフト教室 木曜クラス
    レザークラフト教室 木曜クラス

    More

  • レザークラフト教室 水曜クラス
    レザークラフト教室 水曜クラス

    More

  • MCさんのコインボックス
    MCさんのコインボックス

    More

  • レザークラフト教室 第2日曜教室
    レザークラフト教室 第2日曜教室

    More

  • 鹿革
    鹿革

    More

フィギュアカービング『やすらぎ』

HOME技法と工具 > フィギュアカービング『やすらぎ』

子猫が安心して眠っている様子を彫ったカービングの手順です。
動物を彫る時の参考になれば幸いです。

1)トレスフィルムを濡らした革に重ねて鉄筆で図案を写す。
    鉄筆は細いものを使いましょう。
フィギュアカービングトレス レザークラフト教室 革工芸教室
2)革に描かれた図案  フィギアカービングトレス終わり レザークラフト教室 革工芸教室
3)スーベルナイフでカットする。猫の鼻や髭はまだカットしない。
フィギュアカービング −1 レザークラフト教室 革工芸教室

3)まずは唐草模様から打刻。
  お花の花びら部分、凹んだ部分にアンダーショットを打ちます。
フィギュアカービング −2 レザークラフト教室 革工芸教室
4)3で打った残りの部分にベベラを打つ。
フィギュアカービング −3 レザークラフト教室 革工芸教室
5)カモフラージュ、ベンナー、ペアシェダー(またはサムプリント)で打刻。
      バックグラウンダー、ここでは A104使用。
フィギュアカービング −4 レザークラフト教室 革工芸教室
6)ミュールフットを打刻。スーベルナイフでデコレーションカットを入れる。
  子猫の周りもベベラで打刻する。
フィギュアカービング −5 レザークラフト教室 革工芸教室

7)子猫に立体感をつける。ここではステンレス刻印STC-1 STC-2使用。
  国産の通常刻印、P975 P217 P213 などでも代用できます。 
  同時に耳の毛もカットする。 フィギュアカービング −6 レザークラフト教室 革工芸教室

8)7でつけた立体感に加え、さらに立体感を付けていく。
  口の部分はSTC-1.2を加工した刻印(先を細く加工したもの)を使用
フィギュアカービング −7 レザークラフト教室 革工芸教室
9)8の拡大したもの
フィギュアカービング 拡大 レザークラフト教室 革工芸教室

10)耳の毛のぶぶんに立体感をつけ、
   毛並みを加工モデラ(先を細く加工したもの)で付けていく。
フィギュアカービング −8 レザークラフト教室 革工芸教室
11)一通り毛並みを入れ終わったら、さらに柔らかい毛並みになるように
   加工モデラで表現していく。
   子猫の周りにバックグラウンドの刻印を打つ。 
   この作品はBob Beardのバブルを使いましたが、刻印は好みで!
   これで完成です。
フィギュアカービング −9 レザークラフト教室 革工芸教室