〒188-0011 東京都西東京市
田無町2-13-19 プリエール102
  • Nさんのバッグ
    Nさんのバッグ

    More

  • レザークラフト 教室 木曜クラス12月第1回
    レザークラフト 教室 木曜クラス12月第1回

    More

  • Mくんの体験受講の作品
    Mくんの体験受講の作品

    More

  • レザークラフト 教室 水曜クラス12月第2回
    レザークラフト 教室 水曜クラス12月第2回

    More

  • レザークラフト 教室 12月月曜クラス1回目
    レザークラフト 教室 12月月曜クラス1回目

    More

  • 革漉き機を安心して快適に使うためのセミナー
    革漉き機を安心して快適に使うためのセミナー

    More

  • レザークラフト教室 日曜クラス12月第1回
    レザークラフト教室 日曜クラス12月第1回

    More

  • MAさんのボディバック
    MAさんのボディバック

    More

  • 長春でのコンテスト−2 セレモニー
    長春でのコンテスト−2 セレモニー

    More

  • 中国・長春でのコンテスト
    中国・長春でのコンテスト

    More

  • 北京での講習会
    北京での講習会

    More

草木染めのはなし−3 蘇芳

HOME技法と工具 > 草木染めのはなし−3 蘇芳

蘇芳はインド・マレーシア原産のマメ科の木の芯材
日本に入って来ている蘇芳は東南アジア産が多い
に出した時に黄色くないと良いものではない。
これが酸化して赤色になります。

漢方の世界では 同じく蘇方(そほう)または蘇木(そぼく)
活血、通経、止血の効能があるといわれ、
外傷、無月経、産後のおけつに民間療法に使われたとのこと。
ん?今でも?? まさかね。

蘇芳の色素はブラジリンというもので、タンニンを含まないので先着力が弱いので、
いつも染色の時は五倍子を煮出したもの(無色)でタンニンを重ねてから媒染したり、
媒染剤も単独で無く複数重ねたりもしました。

また、長い時間かけて大量に入れても強い色にならないので、
一定量入れたらしばらく置いてまた染色する中置きの手法で染めたりもしました。

染液の作り方

蘇芳 30g  水1500cc
湯煎して60〜70度で作っていく(高温になると酸化する)

上の赤い発色はミョウバン(アルミ)と重クロム酸カリウム(クロム)で媒染したもの
下は鉄で焙煎したもの
どちらも五倍子が入っています。
草木染め(蘇芳)レザークラフト教室 革工芸教室
わぁ〜、これ染めたの36年も前.......
でも、もっと勉強しておくんだった...

花蘇芳はこの染色に使う蘇芳とは別物です。
お花の色が赤く発色させた時と同じようだということで花蘇芳と名付けられたそうです。