〒188-0011 東京都西東京市
田無町2-13-19 プリエール102
  • レザーアート研究会 第26回革工芸作品展
    レザーアート研究会 第26回革工芸作品展

    More

  • Fさんのペンケース
    Fさんのペンケース

    More

  • 販売用刻印の整理しました〜
    販売用刻印の整理しました〜

    More

  • レザークラフト教室 水曜クラス2月第2回
    レザークラフト教室 水曜クラス2月第2回

    More

  • Kさんのミニ花器
    Kさんのミニ花器

    More

  • レザークラフト教室 月曜クラス2月第2回
    レザークラフト教室 月曜クラス2月第2回

    More

  • レザークラフト教室 第3日曜クラス
    レザークラフト教室 第3日曜クラス

    More

  • Kさんのポシェット
    Kさんのポシェット

    More

  • レザークラフト教室 木曜クラス2月第2回
    レザークラフト教室 木曜クラス2月第2回

    More

  • 金唐革の本
    金唐革の本

    More

  • 金唐革紙
    金唐革紙

    More

革絵『ゆり』第35回日本革工芸展展示作品

HOME講師作品 > 革絵『ゆり』第35回日本革工芸展展示作品

第35回日本革工芸展に出品した作品です。
この作品自分でもとても気に入ってます。

使用した革は白牛
ろうけつ染めの蝋かすり、撒き蝋、梨地など色々な蝋の技法を使って制作しています。

絵の大きさはF30号 90.9 x 72.7cmあります。
パネルに巻きこむために周り3cmずつ必要なので 96.9x78.7が貼り込み前に必要になります。
染めると縮むので染色前に裁断するときは100cmx80cm以上の革が必要になります。
白牛の需要が少なくなり、白牛を作るタンナーさん(革を作るメーカー)が少なくなって、
革ろうけつには厳しい状況になって来ています。
良い革を探してまた大きな作品染めたい!

ろうけつ染革絵 レザークラフト教室 革工芸教室
展覧会場でろうけつ染革絵展示風景 レザークラフト教室 革工芸教室
※日本革工芸展では鑑別(第1次審査担当)をしましたのでこの作品は賞対象になりません。