〒188-0011 東京都西東京市
田無町2-13-19 プリエール102
  • 干支の置物
    干支の置物

    More

  • 11月 日曜教室2回目
    11月 日曜教室2回目

    More

  • 日曜クラス Aさんの作品
    日曜クラス Aさんの作品

    More

  • Fさんの作品
    Fさんの作品

    More

  • 初めての作品
    初めての作品

    More

  • 生徒さんのバッグ完成
    生徒さんのバッグ完成

    More

  • 個展のご報告−3 小物のコーナーのアップとお花
    個展のご報告−3 小物のコーナーのアップとお花

    More

  • 個展のご報告−2 外側とアクセサリーのコーナー
    個展のご報告−2 外側とアクセサリーのコーナー

    More

  • 個展のご報告−1
    個展のご報告−1

    More

  • アメリカ旅行記ー5 コンテストの結果
    アメリカ旅行記ー5 コンテストの結果

    More

  • 個展1日目
    個展1日目

    More

レザークラフト立体造形『層』

HOME講師作品 > レザークラフト立体造形『層』

以前に創った立体造形作品です。
私の造形は全て面の組み合わせ、これは3面の組み合わせで出来ています。

レザークラフト教室 革工芸教室 立体造形

中は牛床。レザークラフトをしていない方のためにちょっと説明。
私達クラフターが使う革は皮から鞣されて革になります。
その革の表と裏を銀面と床面と呼びます。
牛の皮は厚いので、鞣された後でもかなりの厚みがありますよ〜。
レザークラフト教室 革工芸教室 床革

私が使う牛革は 厚さ1.3mm〜2.0mmくらい。たまに3.5mm厚なんていうのも使いますが。
厚い革を1.3mmくらいに薄くする(漉くと言います)と床面が残ります。
それが牛床。もちろん他の動物の床革もあります。
でも、牛のようにしっかりしていないので立体造形の型作りには使いません。

こんな色のもあります。芯まで染めた革の床革です。
レザークラフト教室 革工芸教室 床革レッド
いろんな色があります。昨日のBlogの敷物はこの革を使っています。

作品に戻って、外側はゴート(山羊)を染色したもの。
重ねて貼ってあります。貼るだけだと触ってると剥がれてくるんですよね。
そこはテクニックで剥がれないようにしてあります。

革の風合いの違いはまたの機会に。